テレワーク対象者の急増にともない、企業のIT部門ではその対応による負荷とクライアント環境整備に対するコストが増大しています。そこで日立は、PCやタブレットなどのクライアント機器に関する業務を包括的に受託する「統合クライアントサービス」を提供。Office 365®を利用も含め、PC内のデータを強固に守る「PCデータ秘密分散型セキュリティサービス」もあわせて提案します。

印刷される方はこちら

クライアント運用業務をトータルに支援する「統合クライアントサービス」

 新型コロナウイルス感染拡大防止の対策や、働き方改革の推進を背景に、かつてない規模とスピードでテレワークを導入する企業が増えています。しかし多くの企業では、社内体制の整備に加え、PCやタブレットなど新たに必要となる端末の調達、セキュリティの確保などがテレワーク導入の大きな障壁となっています。

 IT部門では、既存のシステム運用やIT戦略の立案・改善に加え、テレワーク関連の業務が一気に増え、限られたリソースが圧迫される状況となっています。

 そこで日立は、テレワークに欠かせないクライアント機器の調達から導入、運用、廃棄に至るまでの一連の業務を包括的に受託する「統合クライアントサービス」を提供しています。

 本サービスは、マルチベンダーの端末調達から、事前のコンサルティングや設計支援、導入時の現地セットアップ、ヘルプデスクの設置までをワンストップで支援。支出を平準化できる月額課金サービスでの提供に加え、現在利用中のIT機器を買い取り、レンタルとして提供することも可能です。これによりお客さまは、コア業務への専念とキャッシュフローの最適化を図ることができます。

テレワークを支援する新たなサービスメニューを追加

 With/Afterコロナに対応したクライアント運用業務の負荷増大に備え、統合クライアントサービスではこのたび、2つの新サービスを追加しました。

多種多様なデバイスの資産情報などを一元管理できるポータルサイト

 テレワークでは各ユーザーが、モバイルルーターやプリンターなどを含めた複数のデバイスを利用するケースが増えます。そこで、多様な機器の資産情報を一元管理し、デバイス故障時の修理状況の把握や、利用状況の管理などを容易にできる「お客さまポータルサイト」を提供します。管理デバイスが増加しても、お客さまの運用効率と利便性を高めることができます。

Windows® 10 更新支援サービス

 スマートデバイスだけでなく、PCの更新業務も日々の大切な業務です。特にクラウドアプリケーションの利用や社外での端末利用が進むなか、Windows 10のPCはセキュリティアップデートのほか機能アップデートも必須となります。Windows 10の複雑な運用管理を日立が支援し、IT部門の負荷を軽減します。

画像: 統合クライアントサービスの概要

統合クライアントサービスの概要

情報漏えいの抜け道をふさぐ「PCデータ秘密分散型セキュリティサービス」

 働く場所が多様化し、多くの従業員が社外からクライアントを利用する時代には、今まで以上に強固なセキュリティ対策が必要です。データやディスクの暗号化だけではデータそのものが含まれるため、暗号解読により読み取られる可能性があり、仮想デスクトップ(VDI(*))による情報漏えい対策には、端末自体がオフラインでは使えないという弱点があります。

 そこでお勧めしたいのが、日立の「PCデータ秘密分散型セキュリティサービス」です。これは暗号化に加え、データを断片に分割し、端末内部のストレージと、スマートフォンやUSBメモリなどの外部ストレージに分散保管することでPCの保存データを無意味化する「秘密分散技術」を用いたソフトウェアと、内部ストレージへの書き込みを禁止するソフトウェアを組み合わせた、PCの重要なデータを強固に保護するソリューションです。さらに、日立の経験に基づく独自のセキュリティ設定でより安全性を高められますし、当該ソフトウェアと設定ファイルをインストールすることで容易に導入することが可能です。

 またOffice 365の利用時には、ファイルの閲覧や作成をするときに、PC側にキャッシュデータが自動的に生成されます。このキャッシュデータにも重要な情報が含まれている可能性があります。本サービスでは、Office 365のキャッシュデータも含めた暗号化と分割保管を行うことができ、情報漏えいの抜け道を防ぎます。既に利用されているWindows 10のPCにも適用できるため、テレワークなどで新たに導入した在宅勤務用PCのセキュリティ強化にも有効です。

 サービス導入にあたっては、経験豊富な日立のエンジニアがあらかじめヒアリングを行い、お客さまの利用方法に合わせた提案と、事前確認や設定の支援などをしますので、安心して利用できます。

* Virtual Desktop Infrastructure

画像: PCデータ秘密分散型セキュリティサービスの概要

PCデータ秘密分散型セキュリティサービスの概要

他社登録商標
Microsoft、Windows、Office 365、Outlook、SharePoint、OneDrive、OneNote、Skype、 Microsoft Teams、Excel、Active Directoryは米国 Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。
iPhoneは、Apple Inc.の商標です。 iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
Androidは、Google Inc. の登録商標です。
本誌記載の会社名、商品名、製品名は、それぞれの会社の商標または登録商標です。

お問い合わせ先・情報提供サイト

(株)日立製作所 サービス&プラットフォームビジネスユニット

お問い合わせは、こちらから

This article is a sponsored article by
''.