印刷される方はこちら

 新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の拡大を契機に、在宅やコワーキングスペースでのリモートワークが急速に浸透しています。その一方で、ネットワークや端末を狙うサイバー攻撃の脅威は、これまでのようなオンプレミスのIT(情報系)システムに加え、社会インフラなどのOT(制御系)システムやクラウド、自宅も含めたリモートワーク環境に範囲が拡大しています。

 その手口は以前にも増して高度化しており、企業のIT/セキュリティ管理者には、ニューノーマル(新常態)のさまざまな環境下で働く従業員とシステムを、より広範かつ強固なセキュリティでプロテクトしていくことが、ますます重要な課題となってきました。

 日立グループでは、社会インフラシステムに対するさまざまなセキュリティソリューションの構築・運用実績に加えて、日立社内のシステム基盤の堅ろう化のノウハウをベースとした、ITとOTを網羅するサイバー/フィジカル双方における高度な技術やソリューションを豊富に有しています。これらをお客さまの現状のIT環境やセキュリティの課題に応じて、コンサルティングからシステム開発・実装、アウトソーシング、継続的改善まで、トータルに支援できることが強みだと考えています。

 また、ニューノーマルに対応したゼロトラストセキュリティや、非接触対応の生体認証ソリューション、リモートでのセキュリティ訓練サービスなど、独自の技術とソリューションを提供し、お客さまの多様なニーズにお応えしています。

 今回の特集では、ニューノーマルに対応したお客さまのデジタルトランスフォーメーション(DX)を支える、日立のトータルセキュリティソリューションを紹介します。

画像: 日立のセキュリティ事業コンセプト

日立のセキュリティ事業コンセプト

他社登録商標
本誌記載の会社名、商品名、製品名は、それぞれの会社の商標または登録商標です。

お問い合わせ先・情報提供サイト

(株)日立製作所 セキュリティ総合窓口

お問い合わせは、こちらから

This article is a sponsored article by
''.